2017-06

連帯の輪が広がっている! - 2011.07.12 Tue

先日、下記の 内閣総理大臣、防衛大臣への『申入書』をネットで見つけました。
「馬毛島への米空母NLP基地建設計画を撤回せよ!」を

平和こそ我が命 http://dai9jo.ti-da.net/e3470030.htmlというタイトルのブログで、馬毛島と同じように日米合意2+2で基地を押し付けられている沖縄の辺野古浜の座り込み闘争に参加している75歳のおじいちゃんが馬毛島問題を紹介してくれている事が分かりました。
プロフィールの自己紹介文で今後の日本のあり方が示されていると思います。

「私は、20世紀の暴力によって国と国の在り方を決めるようなやり方は21世紀では止めるべきと考えるものです。
 国際紛争はあくまでも話し合いで解決すべきと考えます。
 そこで、私は、日本国憲法を愛し、日米安保条約をやめて日米友好条約にしたいと考えている者です。
 特にアセアンなどアジアの仲間と友好関係を深め、平等互恵の国際貿易をすすめる中で国の平和と安全を築いて行くべきと考えます。
 こうした考えを実現するために、戦争勢力に対して平和の砦として非暴力で米軍の新基地建設阻止の闘いを進めている辺野古の座り込み闘争に参加しています。」


すでに基地問題を抱えている多くの人たちから、まだ殆ど経験のない我々は多くのことを謙虚に学ぶべきだと思います。
暑い最中、沖縄の辺野古浜で座り込み闘争しているおじいちゃん頑張れ!!!

2011年7月3日(日)
馬毛島への米空母NLP基地建設計画を撤回せよ!
 6月21日、日米2+2(安全保障協議会)は、地元に何の相談も無く名護市の辺野古に米軍新基地建設を押付けたばかりか、鹿児島県西表市の馬毛島に恒久的な米軍新基地建設を押付けています。

これは、厚木基地にあった艦載機部隊の岩国移駐に伴い、恒久的な空母艦載機の離発着訓練基地を横須賀、厚木から鹿児島県西表市の馬毛島に恒久的に移そうとするものです。

 問題の発信元である、横須賀、厚木基地を抱える神奈川県平和委員会は、このような新たな基地被害の拡散と新たな基地建設計画に断固反対し、以下に示すような日本政府へ抗議と、計画の撤回を求める『申入書』送付しました。

 この掲示をご覧の方も「この『申入書』を活用され、日本政府に対して何らかの意思表示をして頂けると幸いです」とよびかけています。

 内閣総理大臣 菅 直人 殿 、防衛大臣 北澤俊美 殿  2011年7月3日
 馬毛島(鹿児島・西表市)への米空母艦載機離着陸訓練基地建設計画の撤回についての申し入れ                          
 神奈川県平和委員会  理事長 菊 谷 節 夫 連絡先;横浜市中区野毛町2-61大澤屋ビル4A
TEL;045-231-0103

 6月21日の日米安全保障協議会は、鹿児島県西之表市馬毛島に自衛隊を配備するとともに、米空母艦載機離着陸訓練の恒久的基地の建設予定地とすることを確認しました。

 地元の西之表市と中種子町・南種子町・屋久島町の首長や議長で結成されている「米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会」をはじめ多くの住民がこの計画に抗議し、撤回を求めています。 地元住民はじめ国民の同意もなしに、先にアメリカと約束しておいて国民に無理やり呑み込ませようとするなど、主権国家の政府のすることではありません。
 まず、このことに強く抗議します。

 7月2日、防衛省は「種子島西部で騒音基準値を上回る70デシベルに達する」と地元に説明したようであるが、空母艦載機の離発着騒音は、まさに想像を絶するものである。

 現在、厚木基地(米海軍厚木航空施設)の所在する大和市(神奈川県)の騒音測定記録によれば、滑走路北約1kmの住宅地における70dB以上、5秒以上の継続騒音は、昨年2010年1年間に17,719回、最高騒音値120デシベルを記録。

今年2011年5月だけでも1ヶ月で2,359回、最高118デシベルである。

 現在厚木基地では行われなくなりましたが、1993年(平成5年)に硫黄島代替訓練施設が提供されるまで、多くの夜間連続離着陸訓練(Night Landing Practice== NLPと省略)が厚木基地において実施されました。

 その実態について大和市は「空母が横須賀を出港する際に行われるNLPは、その訓練の特殊性から他に比類のない激烈な騒音を発生させます。

 特にジェット機によるNLPの騒音は凄まじく、家族の団欒、休養、睡眠等の家庭生活の主要な時間帯に、集中的かつ長時間にわたって行われることから、厚木基地周辺住民に測り知れない苦痛を与えます」(大和市ホームページより)と指摘しています。

 飛行経路付近での騒音被害も免れません。
 同時に付近住民は、常に墜落・落下物事故による不安と恐怖に日常的にさらされます。
このような非人道的な訓練は、米本国でも世界のどこでも認められません。
 私たち神奈川県民は、このような非人道的な訓練基地建設を決して認めません。
 現在もなお、その被害と恐怖に向き合っている神奈川県民であるからこそ、日本のどこにも、これ以上の騒音の移転・拡散、新たな被害地をつくることを認めません。 
このような非人道的な訓練・基地建設は米本国で行うべきであり、日本政府は、きっぱりと米国に求めるべきです。
神奈川県民は、岩国への艦載機部隊等の移駐も馬毛島基地建設計画にも断固反対し、撤回を求めます。 
あらためて貴職に次のことを誠実に対応されるよう求めます。
                記
1.馬毛島への艦載機離着陸訓練基地の建設を撤回すること。
2.非人道的な空母艦載機の発着訓練基地用地探しを断念し、艦載機部隊の岩国移駐計画の撤回と厚木基地の早期返還を米国政府に強く求めること。
3.すべての原因となる横須賀の空母の母港を撤回するよう、直ちに米政府と協議を開始すること


遥か彼方に沖縄
遥か彼方に沖縄

スポンサーサイト

● COMMENT ●

人間社会

平和を愛す人が多いのは事実。他人の領域を侵そうとする人がいるのもまた事実。自らの領域を侵されると平和を愛す人でさえも復讐を叫ぶのもまた事実。他人の領域を侵そうとする人をいかにやめさせるか。また、自分の領域を侵されてもそれを許せる人間になれるかどうか・・・。自分(達)の利益を極限まで追求しようとする人間がいなくならないと人間社会は変われない。まだまだ人間という生き物は過渡期なのでしょう。
騒音問題は早急に実験してもらいたいです。明らかに生活に支障が出るようなら訓練場所を変えてもらいましょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://magejima.blog.fc2.com/tb.php/95-3ae39638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

馬毛島で騒音テスト飛行 «  | BLOG TOP |  » 西之表市長 長野 力 氏の宣言文

プロフィール

  NO  BASE  馬毛島

Author:  NO BASE 馬毛島
このブログは「馬毛島を守る会 屋久島」の公式ブログです。

運営、管理 金澤 尚

カテゴリ

広報紙 (1)
公式声明文及び抗議文 (10)
それぞれの思い (77)
集会のお知らせ (6)
沖縄に学ぶ馬毛島の将来 (2)
馬毛島の写真 (4)
騒音撒き散らすタッチ&ゴー (5)
南日本新聞 (2)
南日本新聞 2007~2010 (0)
西日本新聞 (1)
TBSニュース動画 (0)
赤旗 (0)
毎日新聞 (1)
読売新聞 (2)
聖教新聞 (1)
オスプレイ配備反対 (8)
脱原発 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR