2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島、沖縄からの熱いメッセージ - 2017.05.05 Fri


2017年4月30日宮古島中央公民館にて「自衛隊が来たら宮古島はどうなるか?」
「三上知恵×小西誠クロストークと山城博治を囲んで」より





三上知恵×小西誠クロストークに於いて北朝鮮問題に関して、先ずは「今日本では政府が恐怖心を煽っているが正しい情報を見極めていくことが大事だ」と切りだし、小西氏の専門的な立場から他にも発言をされています。

「鹿児島県馬毛島に関しては先島諸島への事前集積庫、拠点になっている。
(武器弾薬、自衛隊員のための生活物資の保管庫、島々の住民の生活物資は含まれず)
(2011年、防衛省は1市3町の「米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会」に対して説明会を行っている。)
もし戦争になった場合には事前集積庫、拠点は一番最初に狙われる」そうです。
事前集積庫には大量のミサイル搭載爆弾も保管される分けですからもしも馬毛島が爆撃された場合には種子島、屋久島、そして周辺海域に多大な被害が出ると思います。
事前集積拠点
2011年、防衛省資料

宮古島に自衛隊が800人配備された場合、平時と有事に於いて今までの暮らしがどう変わるかの説明にはかなり興味深い発言がありました。  (騒音、環境(自然、生活)、性風俗による空気の乱れ、事件、事故)
 小西誠氏は自衛隊員のための「自衛隊員ホットライン」を開設されていて週に3回から6回位、相談を受けている。そのなかでは幹部自衛官からの相談が多いそうです。
自衛隊には組合がないため国営ブラック企業ともいわれ、軍隊制度のためにストレスが溜まりやすく普通に比べれば自殺者も多いそうです。
(三上) 「内部から言いづらいが故に自衛隊員の尊厳、命、人権、は外部の人間でしか守って上げることが出来ないのではないか。」

「沖縄は元々非武装地帯だった、南西諸島の離島を軍事要塞化にしてはいけない。
第一次世界大戦の反省から1922年、ワシントン海軍軍縮条約で日本の提案により国境となる島々を守るために基地を造ることを禁じた条約が制定された。
しかし1944年から1945年にかけて大量の日本軍が沖縄に駐留し、それまで非武装地帯であった沖縄では地上戦が繰り広げられ焦土と化した。
沖縄に日本軍が来なければ地上戦にはならなかっただろう。
真の平和を求めるならば島々を非武装、緩衝地域にしなければならない。」

三上知恵
ジャーナリスト、映画監督/大学卒業後の1987年、毎日放送にアナウンサーとして入社。95年、琉球朝日放送(QAB)の開局と共に沖縄に移り住む。
「標的の村」「標的の島」など

小西誠
株)社会批評社 代表取締役
元航空自衛隊 軍事ジャーナリスト
「自衛官人権ホットライン」(自衛隊で唯一の、常時、民間相談機関)の事務局も運営



山城博治を囲んで

闘いは厳しいが、心持だけはゆるやかに、しなやかでありたい。
敵は野獣のように襲いかかります。
抵抗する人々は野獣になる必要はありません。
我々は我々の暮らしを守るために、我々の暮らしの中から声をあげている。
当たり前のことです。
我々自身は普通に暮らしています。
普通の暮らしを守りたい。
普通の暮らしを続けたい。
その中から声を上げているのです。
どうすればよいか。
私たちの心持を、ゆるやかにし、しなやかにするべきです。
そしていざという時に、、、

ケ・サラ CHE SARA 
♪ ♪♪ ♪♪ ♪♪ ♪♪♪♪♪♪
うちずたから、うちずたから
私たちはあきらめないよ
平和と自由と愛を求めて今日も生きていくよ

泣きはらした夜迎える朝のまぶしさ
涙の乾くときはないけど決して倒れはしないさ
うちずたから、うちずたから

私たちは忘れないよこの悲しみ胸に抱いて声をあげて行こう
ケ・サラ ケ・サラ ケ・サラ
僕たちの人生は平和と自由もとめて生きてゆけばいいのさ 
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

辺野古埋め立ての問題点
辺野古の護岸工事が始まったが辺野古の海へ流れる川の水路変更問題、埋立地の軟弱な地盤、
まだたくさんの問題を抱えており決してあきらめてはいない、勇気をもって取り組んでいく。

翁長知事へのメッセージ
「翁長知事に対して『埋め立て承認の撤回』せよという県民世論が強まっているが裁判所、オール沖縄などとの問題も絡んでおり撤回のタイミングを間違えれば翁長知事の求心力が落ちオール沖縄も瓦解する可能性がありすごく怖い。
撤回すべきとは思うが、我々の認識では我々の運動にかかっている、翁長知事一人で出来ることではない。
我々県民は間違えなくあなたを支え、これからもゲート前で座り込みを続けていく、その力で工事を止めるんだ」

人々が先頭に立てばリーダーは従う、ということばを思い出しました。

交付金に関して
「沖縄県名護市は基地を受け入れて交付金を十数年間受け取ってきた。
結果としてあっちこっちに10億円位の施設がたくさんできた。
基地建設反対の稲峰市長が当選(2010年)してから水道光熱費などの維持費が名護市の財政をかなり圧迫していることが分かった。
振興策で金が落ちても、住民の暮らしに関係のない役立たない施設は意味がないことを住民は分かった。
基地を誘致してもメリットの無いことを保守の人たちにも分かって貰えた。
名護市では十数年の時間をかけ何重にもたくさんの団体を作り重層的な連帯を大事にしている。」

山城博治
元沖縄県職員、政治活動家。沖縄平和運動センター議長。

大雑把にピックアップしましたがこの他にも、とても難しいことをとても分かりやすく説明されています。
2時間の動画は長いとは思いますが引きずり込まれるように、アッという間に時間が過ぎてしまいました。
たくさんの方々に見てもらえることを願っています。

2016

平和を求め若い人達もたくさん頑張っています。
うたう旅人 ちゃる



地球が回って生んだ種
           作詞・作曲 ちゃる
Earth spinned, a seed sprouted
          music&lyrics by charu
あなたとわたし 手を取り合えば
世界はまるく 踊りだす
地球はまわる 種が生まれる
ほほえみながら 歌いだす
You and me together
Once we hold hands
Together with the Earth, all of us dance
Earth spins in circles
And a seed starts to sprout
Smiles and sings along, with the wind
目の前にいるあなただって
本当は仲間だったんだ
あなたのことをもっと知りたいよ
大切な人のために
あなたが見せる笑顔を
僕らも大事にしたいんだ
You that stands in front of me
We’ve been friends all along
I really want to get to know more about your life
For the sake of humanity
Your beautiful face has so much strength
Love, peace, unity, for everyone
あなたとわたし 手を取り合えば
世界はまるく 踊りだす
地球はまわる 種が生まれる
ほほえみながら 歌いだす
You and me together
Once we hold hands
Together with the Earth, all of us dance
Earth spins in circles
And a seed starts to sprout
Smiles and sings along, with the wind
相対してる僕らだって
本当は仲間だったんだ
両手ひろげ つながっていこう
家族のため 社会のためなんて
その手いっぱい抱えないで
僕らにも少し背負わせて
You that stands against me
We’ve been friends all along
Open arms and connecting together
For family and Society
Don’t hold so much on your shoulders
Let me take some weight from you
あなたとわたし 手を取り合えば
世界はまるく 踊りだす
地球はまわる 種が生まれる
ほほえみながら 歌いだす
You and me together
Once we hold hands
Together with the Earth, all of us dance
Earth spins in circles
And a seed starts to sprout
Smiles and sings along, with the wind
僕が生まれてきた意味も
あなたが生まれてきた意味も
どこかでちゃんとつながっているよ
地球が回って生んだ種
いのちあるものすべては
ひとつながり 響き合う
The reason why I was born
The reason why you were born
They are connected somewhere in the world
Earth spinned and a seed sprouted
Every living thing connects together
Vibrates through the motions of our world

スポンサーサイト

● COMMENT ●

なるほど!

Facebookに下記の投稿が書き込まれました。
「自衛隊員を琉球に大量に定住させて、自民党勢力を伸ばし、島民の自治を奪うのが安倍の作戦と見ます。官房長官の発言からはそれが読み取れます。若い人が島から出て行ったら終わりですね。」


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://magejima.blog.fc2.com/tb.php/208-44d1a182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猪股哲さんの馬毛島、見聞録 «  | BLOG TOP |  » 西之表市長選挙の結果

プロフィール

  NO  BASE  馬毛島

Author:  NO BASE 馬毛島
このブログは「馬毛島を守る会 屋久島」の公式ブログです。

運営、管理 金澤 尚

カテゴリ

広報紙 (1)
公式声明文及び抗議文 (10)
それぞれの思い (78)
集会のお知らせ (6)
沖縄に学ぶ馬毛島の将来 (2)
馬毛島の写真 (4)
騒音撒き散らすタッチ&ゴー (5)
南日本新聞 (2)
南日本新聞 2007~2010 (0)
西日本新聞 (1)
TBSニュース動画 (0)
赤旗 (0)
毎日新聞 (1)
読売新聞 (2)
聖教新聞 (1)
オスプレイ配備反対 (8)
脱原発 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。