2017-06

軍拡に歯止めを! - 2016.11.19 Sat

水面下での動きが表面化したようです。

東京新聞  「米軍機訓練で馬毛島買収へ 政府、オスプレイ活用検討」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016111801001945.html

TBSニュース  「米軍機の離着陸訓練移転、政府が馬毛島購入で最終交渉」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2918657.html

時事通信  「馬毛島購入へ調整=米軍機訓練移転の候補地-政府」
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111800856&g=pol

読売新聞  「米軍機訓練移転、馬毛島購入へ…政府方針固める」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161118-OYT1T50093.html

主要な部分をまとめると以下のようになると思います。
「政府は、在日米軍再編計画の柱の一つである米軍空母艦載機の離着陸訓練(FCLP)の移転について、候補地の鹿児島県の馬毛島(西之表市)を購入する方針を固めた。」
「米軍普天間飛行場所属の輸送機オスプレイの訓練移転なども検討する。」
「購入額を含め、正式な合意に至るかどうかは、依然として不透明な部分があります。」
「価格面で地権者と合意に達すれば、来年度から訓練施設の調査・設計を始める。」



日本が在日米軍の維持の為に毎年負担している総額は、思いやり予算の約1700-800億円を含め、約5900億円と言われています。
この6000億円近くの在日米軍維持費は、昨日11月17日に開かれた財政制度等審議会が提言した、社会保障費の伸びを
5000億円に抑えると言う方針よりも大きな額です。
そして、今年度の防衛予算は5兆円を超えるようです。
実のある平和外交を推進するべきです。
 今、少子高齢化など日本には様々な問題が山積しています。
在日米軍維持費、日本の防衛予算を抑制し、一般国民のために税金を使ってもらいたいものです。

 全国から集められている馬毛島の軍事基地化反対署名は累計で21万7417人となった。地元4市町分は2万5798人で、人口の57%に相当します。
行政側、種子島の人たちと手を携え、馬毛島の軍事基地化を阻止するために頑張りたいと思います。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

三反園知事は「何よりも地域の方々の意向が最も重要であり、まずは国が地元に十分かつ丁寧な説明を行う必要がある」とコメントを出しました。

との報道があるので、知事はおそらく及び腰。
中央と県はダメだから、あとは沖縄に見習って米国政府と軍幹部に接触して、馬毛島が不適合であることを説明するしかないような気がしますが、誰がやるんだって話ですね。
現実的な方法は、知事への働きかけしかないのかな。
今の防衛大臣は流れに逆らうことはできないだろうし。

適切なアドバイスありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

馬毛島も辺野古V字型飛行場と同じ地勢に在る。地勢に大問題が在る。
東南海大地震の津波が日本の東海岸に中部地方迄10m波が襲来する。
大浦湾一帯の予想津波も10m、辺野古V字型飛行場の海抜2m未満。
辺野古V字型飛行場はアウトだ。馬毛島も軍港予定地が流される。
沖縄本島で安全な飛行場は普天間だけです、災害支援対策時の飛行場
として普天間は全面返還なら民生支援上問題が出る。

沖縄米軍基地総面積70%が海兵隊演習地山林原野で、沖縄は演習地。
嘉手納飛行場と普天間飛行場の面積は10,5%と、みんな知らない。
問題は、沖縄の基地と演習地は海兵隊が80%占めてるのも知らない。
一番大問題は、海兵隊の創設意義・任務・軍事命令形体をも知らない。
同じ軍隊でも、多様で様々な数多い色んな任務の部隊が在るが海兵隊
は当初より日本防衛と言う狭い範囲の軍事任務は非ずで、大統領の直
命令で6時間内に外国に投入される殴り込み人海戦術部隊なので、実
際は陸軍が後で主要な地上戦を担う。海兵隊と陸軍は軍装が全く違う。
その海兵隊の意義さえもメディアも政治家も誰も知ろうとしない現実。

沖縄が海兵隊で80%占めている以上、海兵隊の意義視たら日本防衛
に要が無いぐらい承知して貰いたいものだが、誰も軍事知ろうとせん。
海兵隊の正体がそうであるので、実は海兵隊そのものが日米安保条約
の除外軍隊ではないのかと疑問が在るさ。でも、誰も知ろうとせんよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://magejima.blog.fc2.com/tb.php/203-b1224447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちょっと待ってください。 «  | BLOG TOP |  » 2016年11月5日の産経新聞記事に思う。

プロフィール

  NO  BASE  馬毛島

Author:  NO BASE 馬毛島
このブログは「馬毛島を守る会 屋久島」の公式ブログです。

運営、管理 金澤 尚

カテゴリ

広報紙 (1)
公式声明文及び抗議文 (10)
それぞれの思い (78)
集会のお知らせ (6)
沖縄に学ぶ馬毛島の将来 (2)
馬毛島の写真 (4)
騒音撒き散らすタッチ&ゴー (5)
南日本新聞 (2)
南日本新聞 2007~2010 (0)
西日本新聞 (1)
TBSニュース動画 (0)
赤旗 (0)
毎日新聞 (1)
読売新聞 (2)
聖教新聞 (1)
オスプレイ配備反対 (8)
脱原発 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR