2017-06

沖縄県民と共にオスプレイ配備反対を!!! - 2012.09.03 Mon

台風のため延期となっていた「オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会」が、9月9日(日)午前11時から、宜野湾市の宜野湾海浜公園多目的広場で開かれます。
沖縄県議会喜納議長は「県民ぐるみで配備をはね返す大会として過去最大規模の開催を目指す」と述べ、10万人規模の大会を目指す意思を表明し全国的な運動にしたい」と反対運動の拡大に意欲を示しています。
 「馬毛島の軍事施設化を許さない屋久島の会」としても沖縄に配備されようとしているオスプレイを容認することは出来ず、激励と連帯のメッセージをおくることにしました。



激励と連帯のメッセージ
no osprey沖縄県民大会事務局御中                2012年8月31日

「オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会」参加の皆さま、ご苦労様です。沖縄県民の皆さまの、日頃の様々な米軍基地に関する反対運動に心から敬意を表し、激励と連帯の挨拶をおくります。また、沖縄県民大会に参加できない非礼をお詫びします。
 昨今、日米同盟の深化により沖縄の負担軽減どころか、強引な東村高江へのヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事、こう着状態の辺野古への基地建設、沖縄県民の生命と人権を無視した度重なる強制わいせつ事件、それに加えオスプレイの配備計画。
沖縄では「オスプレイは空飛ぶ凶器、海兵隊は歩く凶器」と言われているそうですね。
オスプレイの配備計画には多くの自治体が配備反対、上空通過反対の声明、抗議文を出し、また議会決議も出されています。
鹿児島県熊毛地区1市3町の首長及び議長で構成する米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会でも森本敏防衛相に対し「オスプレイの配備に関する抗議文」を出しました。
沖縄県民の怒りが頂点に達しているのも当然と思います。
アメリカ国内でオスプレイの配備計画反対運動が起き、配備計画が頓挫するのに何故日本国内には強引に配備しようとするのでしょうか。
絶対にオスプレイの配備を許してはなりません。
 当会「馬毛島の軍事施設化を許さない屋久島の会」も世界自然遺産屋久島の隣の馬毛島への恒久的なFCLP訓練基地の移設問題を抱えており沖縄県民の闘いは他人事とは思えません。
根本的には日米安保条約、地位協定がある限りこれらの問題は解決できそうにありません。
日本国内の全ての米軍基地の撤去を求め共に頑張りましょう。
 馬毛島から与那国島、尖閣諸島までの南西諸島、琉球諸島、を軍事基地のないアジアへの平和の架け橋にしようではありませんか。
                         「馬毛島の軍事施設化を許さない屋久島の会」
                                         会長  朝比奈 敏子
         事務局/891-4405 鹿児島県熊毛郡屋久島町小島178 TEL 0997-47-3206



9月9日沖縄決起集会  ポスター



大会決議(案)

我々は、本日、日米両政府による垂直離着陸輸送機MV22 オスプレイ強行配
備に対し、怒りを込めて抗議し、その撤回を求めるためにここに集まった。
沖縄県民は、米軍基地の存在ゆえに幾多の基地被害をこうむり、1972 年の復
帰後だけでも、米軍人等の刑法犯罪件数が6,000 件近くに上るなど、米軍によ
る事件・事故、騒音被害も後を絶たない状況である。
1995 年9月に、米海兵隊員3人による少女暴行事件が起こり、同年10 月に
は事件に抗議する県民総決起大会が行われ、8万5千人もの県民が参加し、米
軍に対する怒りと抗議の声を上げた。県民の強い抗議の声に押され、日米両政
府は、1996 年の日米特別行動委員会(SACO)により米軍普天間基地の全面
返還の合意を行った。
しかし、合意から16 年たった今日なお、米軍普天間基地は市街地の真ん中に
居座り続け、県民の生命・財産を脅かしている。
そのような中、日米両政府は、この危険な米軍普天間基地に「構造的欠陥機」
であるオスプレイを配備すると通告し、既に山口県岩国基地に陸揚げがなされ
ている。さらに、オスプレイは米軍普天間基地のみでなく、嘉手納基地や北部
訓練場など、沖縄全域で訓練と運用を実施することが明らかとなっており、騒
音や墜落などの危険により、県民の不安と怒りはかつてないほど高まっている。
オスプレイは開発段階から事故をくり返し、多数に上る死者を出し、今年に
入ってからもモロッコやフロリダ州で墜落事故を起こしている構造的欠陥機で
あることは、専門家も指摘しているところであり、安全性が確認できないオス
プレイ配備は、到底容認できるものではない。
しかるに、政府は、沖縄県民を挙げてその安全性に疑問を持ち反対している
にもかかわらず、「配備はアメリカの方針」「配備に地元の合意はいらない」な
どと米国の意向に追随する態度をとり、県民や国民の声を無視しつづけている。
県民や国民の声を政治に反映させるのは民主主義の基本であり、民主国家の
基礎条件である。
沖縄県民はこれ以上の基地負担を断固として拒否する。そして県民の声を政
府が無視するのであれば、我々は、基地反対の県民の総意をまとめ上げていく
ことを表明するものである。
本大会は、日米両政府に対し、我々県民のオスプレイ配備反対の不退転の決
意を真摯に受け止め、オスプレイ配備計画を直ちに撤回するとともに、米軍普
天間基地の閉鎖と撤去を強く要求するものである。
以上、決議する。
2012年8月5日
オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会

実行委員会の役員

共同代表 喜納 昌春 沖縄県議会議長
共同代表 翁長 雄志 沖縄県市町会会長
共同代表 照屋 義実 沖縄県商工会連合会会長
共同代表 仲村 信正 連合沖縄会長
共同代表 平良 菊  沖縄県婦人連合会会長

事務局長 玉城 義和 沖縄県議会議員
事務局次長 照屋 守之 沖縄県議会議員
常任幹事 照屋 守之 自民党会派
     崎山 嗣幸 社民・護憲会派
     奥平 一夫 県民ネット会派
     渡久地 修 共産党会派
     金城 勉  公明県民無所属会派
     當間 盛夫 改革の会会派
     大城 一馬 社大党会派
     新垣 安弘 無所属
     嶺井 光  無所属

〒900-8501 沖縄県那覇市泉崎1丁目2−3 沖縄県議会事務局302会議室  TEL098-869-1526
                                 no osprey沖縄県民大会事務局


オスプレイ配備を中止に追い込もう!9.9県民大会同時アクション

沖縄県民はこの9月9日、オスプレイ配備を強行しようとする野田政権に対して、怒りの10万人規模の県民大会を開催します。東京でも県民大会の同日、国会前に集結しての同時アクション「国会包囲」で、抗議の意志を示します。オスプレイ配備を中止に追い込もう!  9.9
http://www.okinawaiken.org/doc/stoposprey/osprey002.pdf
呼びかけ団体(順不同)
フォーラム平和・人権・環境、沖縄意見広告運動、原子力空母の母港化に反対し
基地のない神奈川をめざす県央共闘会議、ピースボート、沖縄の闘いと連帯する
東京東部集会実行委員会、全国労働組合連絡協議会、日韓民衆連帯全国ネット
ワーク、ピース・ニュース、アジア共同行動日本連絡会議、ジュゴン保護キャン
ペーンセンター、許すな!憲法改悪・市民連絡会、本郷文化フォーラムワーカー
ズスクール、すべての基地にNOを・ファイト神奈川、相模補給廠監視団、平和を
つくる大和市民の会、厚木基地を考える会、非核市民宣言運動ヨコスカ、戦争反
対・平和の白いリボン神奈川、ヨコスカ平和船団、辺野古への基地建設を許さな
い実行委員会、JUCON(沖縄のための日米市民ネットワーク)、ゆんたく高江、
金城驍(東京沖縄県人会)、島袋徹(東京沖縄県人会)、平良愛香(牧師)、川
平朝清(東京沖縄県人会名誉会長)、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック、伊達
判決を生かす会、協同センター・労働情報、NO!レイプNO!ベース女たちの会、日
本山妙法寺、9条改憲阻止の会、反安保実行委員会、うちなんちゅの怒りととも
に!三多摩市民の会、サークル“ジョアン・川崎”、立川自衛隊監視テント村、
<語やびら沖縄>もあい練馬、ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)、
『バスストップから基地ストップ』の会、ピースサイクル首都圏ネットワーク、
沖縄文化講座、ATTAC Japan(首都圏)

【私も呼びかけます】(8月27日現在) ※意見広告に掲載
雨宮処凛       作家・活動家
伊藤 真       弁護士・伊藤塾塾長
上原成信       沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
上原公子       元国立市長
内田雅敏       弁護士
尾形 憲       法政大学名誉教授
加藤登紀子      歌手
鎌田 慧        ルポライター
古今亭菊千代    落語家
椎名千恵子     原発いらない福島の女たち
ジャン・ユンカーンマン 映画監督
辛淑玉        人材育成コンサルタント
高橋哲哉       哲学者
新倉裕史       非核市民宣言運動・ヨコスカ
野平晋作       ピースボート共同代表
花輪伸一       JUCON(沖縄のための日米市民ネットワーク)世話人
藤本泰成       「フォーラム平和・人権・環境」事務局長
マエキタミヤコ    サステナ代表
前田哲男       ジャーナリスト
森 達也       作家・映画監督
森口 豁       ジャーナリスト
若森資朗       パルシステム生協連合会前理事長



オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会と同時アクション~国会包囲
http://jucon.exblog.jp/17890714/





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://magejima.blog.fc2.com/tb.php/179-cedf3645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

種子島・屋久島から沖縄への連帯メッセージ «  | BLOG TOP |  » 国会での質疑応答がこれでいいのだろうか!

プロフィール

  NO  BASE  馬毛島

Author:  NO BASE 馬毛島
このブログは「馬毛島を守る会 屋久島」の公式ブログです。

運営、管理 金澤 尚

カテゴリ

広報紙 (1)
公式声明文及び抗議文 (10)
それぞれの思い (78)
集会のお知らせ (6)
沖縄に学ぶ馬毛島の将来 (2)
馬毛島の写真 (4)
騒音撒き散らすタッチ&ゴー (5)
南日本新聞 (2)
南日本新聞 2007~2010 (0)
西日本新聞 (1)
TBSニュース動画 (0)
赤旗 (0)
毎日新聞 (1)
読売新聞 (2)
聖教新聞 (1)
オスプレイ配備反対 (8)
脱原発 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR