2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬毛島移設問題対策協議会が開かれました。 - 2012.02.27 Mon

種子島・屋久島の1市3町で作る対策協議会が2月24日鹿児島市で開かれました。
西之表市の市長で対策協議会の長野力会長は、「この問題については歴史上、大きな課題に直面し、大きな岐路に立っていると言っても過言ではない。引き続き連携を取りながら取り組みを推進して頂きたい」と会の冒頭話し、また「新たに防衛大臣も変わったので、大臣の方にしっかりとした形で私どもの考えを伝えるのが大きな目標。地域住民以外の人たちからも自主的に署名がきている。署名をして頂いた人たちの気持ちはしっかりと受け止めながら進めていければと思う。 常に反対の意思を伝えていきたい」
他の意見としては「政務官や副大臣ではなく、防衛大臣と直接会うという強い姿勢を持つべきだ」
荒木耕治屋久島町長は「担当大臣も代わった。地元の取り組みを全国に伝えるべきだ」
 反対署名については、種子島屋久島の住民による署名が2万5271筆に上り、全体で18万576筆に達したことが報告されました。
1市3町の地元自治反対署名はまだ55.2パーセントですが、米軍訓練基地誘致、FCLP訓練とはどのようなものなのかの説明が周知徹底しないままの署名活動でした。
他県で行われているFCLP訓練などの実情を理解出来ればもっと増えると思います。
総会では、反対集会の「しかるべき時期の実施」や、県本土の自治体との連携強化などが決りました。

馬毛島問題が表面化してから約8ヶ月が過ぎました。 
その間、北沢防衛大臣、一川防衛大臣、田中防衛大臣と3人目になり、またいつ変わってもおかしくなく流動的です。
馬毛島への米軍訓練基地移設断固反対の決意の固い1市3町首長と共に頑張りましょう!

2月26日の琉球新報に、2004年に沖国大にヘリが墜落したときも「やっぱり」と思った。「民間地の上空で戦争の訓練をしていること自体、異常。復帰はしたが、半植民地だ」と語気を強める。
と、書かれています。
沖縄以外でも日本各地で日常的に多くの低空飛行訓練(敵地を見立てた低空での戦闘訓練)が行われ、日米地位協定があるがために住民の声が阻まれ、抗議しても常に住民は泣き寝入りの状態が続いています。


在日米軍再編:FCLP馬毛島移転 「国に移転反対伝える」1市3町の首長ら確認 毎日新聞 2012年2月25日
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20120225ddlk46010640000c.html

防衛相に直接反対表明…馬毛島移転で首長ら調整   2012年2月25日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20120224-OYT8T01011.htm

防衛大臣に直接反対の意思表示を   2/24 19:22 KYT鹿児島読売テレビ   
http://news24.jp/nnn/news8721764.html


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://magejima.blog.fc2.com/tb.php/154-f17dfa27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

#2 沖縄に学ぶ馬毛島の将来 «  | BLOG TOP |  » 馬毛島問題、県の対応に期待します。

プロフィール

  NO  BASE  馬毛島

Author:  NO BASE 馬毛島
このブログは「馬毛島を守る会 屋久島」の公式ブログです。

運営、管理 金澤 尚

カテゴリ

広報紙 (1)
公式声明文及び抗議文 (10)
それぞれの思い (78)
集会のお知らせ (6)
沖縄に学ぶ馬毛島の将来 (2)
馬毛島の写真 (4)
騒音撒き散らすタッチ&ゴー (5)
南日本新聞 (2)
南日本新聞 2007~2010 (0)
西日本新聞 (1)
TBSニュース動画 (0)
赤旗 (0)
毎日新聞 (1)
読売新聞 (2)
聖教新聞 (1)
オスプレイ配備反対 (8)
脱原発 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。