2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#1 沖縄に学ぶ馬毛島の将来 - 2012.02.22 Wed

TBSテレビ制作の山崎豊子原作「運命の人」が今、話題になっているらしい。
地上波の見られないところ(そんなところは日本に無いはずですが?)に住んでいるので単行本で読みました。
1970年代に行われた沖縄返還交渉で密約があったのかを取り上げたノンフィクションモドキです。
1945年3月26日から行われた米軍上陸による地上戦で、沖縄の住民の4人に1人、10万人弱が犠牲になった話や、地上戦により荒廃した農地を終戦後、住民が復元したのに米軍に強制的に土地収用されたり、1995年に起きた3人の米海兵隊員らによる小学6年生への集団暴行事件など、改めて不条理な沖縄問題に接しました。
そして「本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること」という書籍情報社出版、須田慎太郎(写真)、矢部宏治(文)、前泊博盛(監修)という沖縄の歴史と現状を分かりやすく説明した本に出合いました。

これからその本を参考に「沖縄に学ぶ馬毛島の将来」と題し書きたいと思います。
一部引用させていただきます。

#1 ペリーはなぜ、最初に沖縄にきたのか

1853年ペリーが東京湾の浦賀にあらわれたことがきっかけで日本中が大騒ぎになり、「幕末」が始まります。
ペリーが幕府を恫喝して強くせまり、そして数多くの歴史ドラマが生まれ15年後には明治維新となりました。
それまでの江戸時代はだいたい人口3000万人を維持していました。
それは貿易があまり無く自給自足分の食料しか生産しなかったからだと言われています。
ペリーはアメリカから北大西洋回りでアフリカのケープタウンに寄港しインド洋を渡り、マラッカ海峡を通過し、上海にも寄港し沖縄に1853年に上陸しました。
ペリーは海兵隊とともに沖縄に上陸し、その海兵隊の兵士ウイリアム・ボードが現地の女性に暴行を働き、怒った住民に殺されたり「最初の米軍基地」を造ったりしました。
ペリーは隊員とともに沖縄の奥地に入り、つくった地図や海図が92年後の第2次世界大戦末期の沖縄上陸作戦で使われたそうです。
ペリーは沖縄に足場をつくった後1ヶ月かけ江戸に到着しました。
途中で種子島、馬毛島、屋久島に立ち寄らなく本当に良かったと思います。
ペリーはなぜ沖縄と日本の開国を重要視したかは、中国に大接近していたイギリス(アヘン戦争に勝利し香港を手に入れた)に対抗するためだったようです。
大西洋回りの航路だと数ヶ月かかりますが太平洋回りだと最短で20日間だそうです。
海軍基地をつくるために日本と沖縄が必要だったんです。
今と一緒でびっくりします。
地政学上、すでにアメリカの対中戦略に日本が159年前に着目されていた事になります。
 
馬毛島の米軍訓練基地誘致計画で種子島の小さな集落で賛否が分かれ数百年続いた正月の伝統行事が中止になったそうです。
地域の大切な絆が破壊されてきています。
これ以上破壊しないで戻すためにも軍事費を減らし、基地を減らし、平和外交を推進するしか道はありません。

本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること
「本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること」
http://www.shoseki-johosha.com/?p=4   書籍情報社
書かれている内容もさることながら写真もトテモ素晴らしい本です。
皆様もご覧になってください!


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://magejima.blog.fc2.com/tb.php/151-7f2d6840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

馬毛島問題、県の対応に期待します。 «  | BLOG TOP |  » 反対署名、約17万人に

プロフィール

  NO  BASE  馬毛島

Author:  NO BASE 馬毛島
このブログは「馬毛島を守る会 屋久島」の公式ブログです。

運営、管理 金澤 尚

カテゴリ

広報紙 (1)
公式声明文及び抗議文 (10)
それぞれの思い (78)
集会のお知らせ (6)
沖縄に学ぶ馬毛島の将来 (2)
馬毛島の写真 (4)
騒音撒き散らすタッチ&ゴー (5)
南日本新聞 (2)
南日本新聞 2007~2010 (0)
西日本新聞 (1)
TBSニュース動画 (0)
赤旗 (0)
毎日新聞 (1)
読売新聞 (2)
聖教新聞 (1)
オスプレイ配備反対 (8)
脱原発 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。