2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既成事実が積み重ねられています - 2011.12.25 Sun

12月22日、防衛省九州防衛局幹部が県と地元市町担当者に調査費計上の意向を説明しました。
西之表市役所では種子島、屋久島の4市町の担当課長7人を前に、防衛省九州防衛局の吉田広太郎企画部長は終始低姿勢を貫いたそうです。

防衛省側は
「あくまで適地かどうかを検討するためのデータ収集」
「調査は2年間の予定、13年度は島に観測機器を設置し、滑走路建設に必要な風向や風速など気象・海象のデータを収集する、島上空で戦闘機を飛行させる騒音予測調査は予定されていない」
「関係の情報は逐一、適宜報告させてもらう。ご容赦を」
「要望があれば、予算についての住民説明会を行いたい」
「条件が整えばご理解を得られるように汗をかく」と意欲も見せたそうです。

西之表市の長野力市長
「住民の意思を無視し、予算化を強行する態度は断じて許せない」と強く批判
一川防衛相が「地元の意向を無視して強行することは考えていない」と述べた点については「発言の通り、予算を執行しないと信じる」

鹿児島県企画部長
「『地元に説明を尽くす』と言いながら(計画が浮上した)5月以降、地元に向き合わずに対応しているように感じる」と防衛省の姿勢を強く批判
「『強行突破します』と言っているようにさえ聞こえる。考え方としておかしい」と不快感を表した。

地元担当課長
「残念で、非常に遺憾」と述べ、今後も署名集めを継続させていく考えを示した。また、これまで小規模な住民説明会を繰り返してきた同省から市への連絡は一切なく「『適宜』の程度が防衛省の都合だけでは意味がない」
「遺憾だ」「地元の頭越しだ」
「残念。どうしたら国は地元の声を聞いてくれるのだろうか」
「説明報告はこれまで一切ない。省の都合だけの適宜では意味がない」

種子島の反対団体
「馬毛島への米軍施設を許さない住民の会」 
西之表市役所で記者会見し、「大臣が住民の意思を無視しないと言っておきながら準備を進めている。実にけしからん」
「一川保夫防衛相が予算計上の発言をした後に抗議文を送ったのにもかかわらず、予算をつけると説明をするのはおかしい。徹底的に反対しなければ」

「馬毛島を守る女性の会」
「なんで地元の声を聞いてくれないのだろうと怒りでいっぱい。これからも戦います」

「馬毛島の自然を守る会」種子島
「反対機運が強まるさなかの動きに不信感を持つ」と語気を強めた。

種子島・屋久島の1市3町でつくる対策協議会事務局の担当者からは、「先月にも予算に計上しないよう撤回をお願いしたのに計上しようとている」や、「予算計上を取り下げる見込みはあるのか」といった反発の声が相次いだ。これに対し防衛省側は、取り下げる考えは持っていないと断言した

12月22日の情報が屋久島に入ったのが前日の夜で準備が整わなく参加する事が出来ず非常に残念でなりませんでした。
1市3町にも情報が入ったのは前日のようでした。

馬毛島FCLP移転で調査費計上 朝日新聞 鹿児島  2011年12月22日
http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000001112220002

在日米軍再編:FCLP馬毛島移転 防衛省、調査費計上へ 「頭越し」地元反発 4市町と溝深まる / 2011年12月23日
毎日新聞 鹿児島   http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20111223ddlk46010589000c.html

馬毛島訓練予算計上 地元反発高まる 「住民無視、許せない」  読売新聞 鹿児島  2011年12月25日
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20111224-OYT8T00808.htm


12月24日のニュースとして政府は24日の臨時閣議で決めた2012年度予算案に、米軍空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の移転を前提に、鹿児島県西之表市の馬毛島に自衛隊施設を整備するための調査費として、2億2500万円を計上したそうです。
しかし、NHKのニュースではこのことを取り上げ「調査費は計上しているけれども、関係する自治体なり地元の了解なしには、執行しないということで計上だ。地元の意向を無視して強行することは考えていない」と述べていますが、かなりの矛盾を感じます。
7月2日、西之表市役所に防衛省の小川勝也副大臣が一市三町首長に説明に来てから約半年になります。
地元の意向を尊重する、地元の了解が前提、と低姿勢でいながら着実に既成事実が積み重ねられています。

馬毛島調査に2億2500万円 防衛省、来年度から2年間 西日本新聞  2011年12月24日
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/279290

馬毛島予算執行“地元了解が前提”   NHK   12月24日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111224/t10014879721000.html


スポンサーサイト

● COMMENT ●

FCLPへの予算計上とその後の動きのニュースを時系列に紹介してくれてありがとう。関係者の反応もよくわかりました。屋久島からも発信できるようにがんばってください。応援しています。取材を待つのではなく、各マスコミに積極的に(取り上げられても取り上げられなくても)表明を伝えていくことは意義があると思います。世論もしたたかにならねば!ですね。

コメントありがとうございます。

ブログの更新に反応があり嬉しい限りです。
2年間で2億2500万円の予算の中から地元説明会にも使われるようです。
今までとは違い、来年からはもっと大変になる事が予測されます。
「やくすぎさん」の知恵もお借りして馬毛島に軍事施設を作らせないために一緒に頑張りましょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://magejima.blog.fc2.com/tb.php/145-a0ac4e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカ大統領選と日本、馬毛島 «  | BLOG TOP |  » 防衛省幹部、種子島に

プロフィール

  NO  BASE  馬毛島

Author:  NO BASE 馬毛島
このブログは「馬毛島を守る会 屋久島」の公式ブログです。

運営、管理 金澤 尚

カテゴリ

広報紙 (1)
公式声明文及び抗議文 (10)
それぞれの思い (78)
集会のお知らせ (6)
沖縄に学ぶ馬毛島の将来 (2)
馬毛島の写真 (4)
騒音撒き散らすタッチ&ゴー (5)
南日本新聞 (2)
南日本新聞 2007~2010 (0)
西日本新聞 (1)
TBSニュース動画 (0)
赤旗 (0)
毎日新聞 (1)
読売新聞 (2)
聖教新聞 (1)
オスプレイ配備反対 (8)
脱原発 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。