2012-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵基地攻撃能力必要=森本防衛相 - 2012.06.20 Wed

敵基地攻撃能力の検討必要=森本防衛相  時事ドットコム   2012/06/19
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012061900785
以下 引用
「森本敏防衛相は19日の参院外交防衛委員会で、他国の弾道ミサイルなどの攻撃を防ぐための敵基地攻撃能力の保有について、「従来の専守防衛だけで全ての国家の防衛ができるのか、常に見極めながら防衛政策を進めるのは国家の責務だ」と述べ、検討が必要との考えを示した。山本香苗氏(公明)への答弁。 
 防衛相は「他の手段がないと認められる限り、敵の基地をたたくことは、国際法上もわが国の憲法解釈上も自衛の範囲に含まれる」と強調した。」

「平和的外交手段が行き詰ったら、敵の基地をたたくことは、国際法上もわが国の憲法解釈上も自衛の範囲に含まれる」と、解釈され、先制攻撃の検討に入った事になります。
自民党が政権与党の時代だったら民主、共産、社民党が大騒ぎをし防衛大臣の罷免要求を出すぐらいの発言だと思います。
名指しはしていないものの敵国とは中国、北朝鮮という事だと思います。
逆を考えれば、中国、北朝鮮も同じ事を考えるのではないでしょうか。
日本にある全ての基地が攻撃の対象になるはずで、馬毛島だけは大丈夫などということは決してありません。
都市近郊の軍事基地よりは馬毛島などの離島の軍事基地が狙われると思います。
ベトナム戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争、全ての戦争で最初に狙われるのは軍事施設とインフラ設備です!
もうこんな心配事をするのは止めましょう!!!
「平和的外交手段が行き詰ったら、」などという、あきらめ論を先行させるよりまずは努力、努力の積み重ねです。
努力している間はどんなことがあっても戦争にはなりません。
 よく言われていることですが、アメリカの国債は中国が最大保有国であり貿易や経済面で米中は相互に深く依存し合っているので戦争することは出来ない。
ソ連も崩壊し、東ヨーロッパ、中南米、中東でも民主化が進み、EUの統合も進み一つの共同体が出来、アメリカの入る余地がなくなりつつあります。
今、地球上はアジア、太平洋地域以外は平和の構築が急速に進み軍事力が必要とされなくなり、金融危機の煽りもあいまって軍縮が進むと思います。
しかし日本はどうでしょうか、原発事故処理で今後200兆円以上の膨大な費用が必要と言われています。
今現在の経済状況も最悪の状態です。
このような情況の中、平和で静かな生活を営む熊毛地区になぜ軍事施設を造ろうとするのか理解できません。


米軍艦の6割を太平洋に 国防長官がアジア重視の方針説明   CNNニュース  2012.06.03
米軍の存在拡大を歓迎=「アジア海洋安保の柱」―防衛副大臣  ウォール・ストリート・ジャーナル 2012年6月1日
パネッタ米国防長官の発言
「米軍がアジア重視の姿勢を示す背景には、アジア諸国の国防費拡大という要因がある。アジアの国防費は今年、欧州を上回る見通し。さらに「将来にかけて拡大を続けることは間違いない」と、パネッタ長官は話す。一方で、米国防予算は大幅な削減を余儀なくされている。同長官は、最新技術の導入などにより予算削減の影響を埋め合わせることは可能だと説明した。」

つまり、地球上から行き場のなくなったアメリカが、アジア、太平洋諸国に積極的に関与し高額な兵器を売り込みアメリカ経済を立て直そうという考えだと思います。
アメリカ、中国は緊密な仲であるにもかかわらず、アメリカは日本や周辺諸国に兵器を売り込み、馬毛島などに軍事基地を造って貰い、まんまと日本政府のお膳立てた美味しいご馳走を食べられる。
そして森本新防衛大臣は「敵基地攻撃能力の検討必要」と訴える。
中国、北朝鮮への抑止力が必要だ、などの脅威を煽る前に外務省が平和的外交努力(人的交流)(文化交流)など、しっかりとやってもらい、国内の問題をきちんと整理してもらうのが国民の望むところだと思います。

日本の購入済み、購入予定の主なお買い物リスト(PAC3の配備の総額は1兆円、MD配備費の総額は約6兆円とも言われています)(次期主力戦闘機FX、1機約100億円、総額1兆円前後)
おまけに、年間約3000億円の思いやり予算


うっとうしい梅雨よ飛んで行け





スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

  NO  BASE  馬毛島

Author:  NO BASE 馬毛島
このブログは「馬毛島を守る会 屋久島」の公式ブログです。

運営、管理 金澤 尚

カテゴリ

広報紙 (1)
公式声明文及び抗議文 (10)
それぞれの思い (78)
集会のお知らせ (6)
沖縄に学ぶ馬毛島の将来 (2)
馬毛島の写真 (4)
騒音撒き散らすタッチ&ゴー (5)
南日本新聞 (2)
南日本新聞 2007~2010 (0)
西日本新聞 (1)
TBSニュース動画 (0)
赤旗 (0)
毎日新聞 (1)
読売新聞 (2)
聖教新聞 (1)
オスプレイ配備反対 (8)
脱原発 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。